ゼロから始める英語の世界

【ゼロから始める英語の世界】第7講 名詞の複数形(1)

投稿日:2019年11月27日 更新日:

こんにちは、Tatsuyaです。

 

今日は

🔥ゼロから始める英語の世界🔥

第7講「名詞」

をやっていきます。

 

前回の『ゼロから英語』は

🔽【ゼロから始める英語の世界】第6講 一般動詞の文(2)

こちらからどうぞ!

 

今日の記事を読むと、

1.名詞の複数形が分かる

2.英語の数字が書けるようになる

 

それではやっていきましょう!

 

 

1. 英語は名詞をはっきり示す!

英語と日本語では名詞を表すときに明らかな違いがあります。

 

英語は

名詞の数をはっきり表す

ということです。

 

例えば、

「毎朝リンゴを食べます」

という文を言いたいとき

 

日本語はリンゴの数は気にしません。

しかし英語はリンゴの数を明記しなければいけません

 

1つの時は今まで通り”a/an“を使えば大丈夫です!

 

では、2個以上の時はどうやって明記するのか。

 

それを今日はやっていきます!

 

2.名詞の複数形って?

先ほどもお伝えした通り、英語において名詞は数をはっきり分かるようにしなければいけません。

つまり、名詞は単体で使うことができないということです。

 

先ほどの例文であれば

「リンゴを1つ食べます」

「リンゴを2つ食べます」

「リンゴをいくつか食べます」

のようにリンゴだけでは使うことができません!

 

1つであれば

“an apple”

これはすでに教えていますね!

 

では2個以上の複数の時はどうすればいいでしょうか。

 

2-1.複数の時は、複数形”s”を付ける

 

名詞が複数あるときは、複数形という形にしなければいけません。

 

名詞の語尾に”s“をつけると複数形にすることが可能ですが、例外はあります。

 

次の表で確認しましょう!

 

 

原則として”s”を付けてばいいのですが、注意が必要なのが二段目以降ですね。

 

個々に詳しく解説していきます。

 

2-2.語尾が”es”になるとき

これは発音の問題です。

 

語尾が上記のようなものだと、”s”だと発音しづらくなります。

そのため、語尾が”es”になるのです。

 

例としては、

box⇒boxes(箱)

class⇒classes(教室/授業)

dish⇒dishes(皿/料理)

 

などなど他にもたくさんあります!

 

また、この中でもさらに例外があって語尾がこれらなのに変化しないものもあります。

代表例が”piano”です。

piano⇒pianos

になるので注意してください。

 

2-3.子音+yの時は”ies”

これも発音の問題です。

 

この”y”を”i”に変えて”es”を付けるのは、三人称単数現在形という部分でも使えるのでご注意してください。

 

例としては、

city⇒cities(都市)

copy⇒copies(部数)

country⇒countries(国)

 

などなどです。

 

特に気になるところがなぜ「子音」の時だけなの?という疑問を持つと思います。

 

理由は簡単で

英語は母音が3つ重なることを嫌う

からです。

 

もし母音+yだとすると

母音+i+e+s

となって母音が3つ重なります。

 

英語はこれを嫌うためそれを割けるために、子音+yの時のみなんですね。

 

これはあまり学校教育では教えてくれませんので覚えておくといいでしょう(^▽^)/

 

2-4.f, fe を”v”に変えて”es”

これは一番忘れられがちな部分になります。

 

例としては

wife⇒wives(妻)

wolf⇒wolves(狼)

life⇒lives(命)

 

などなどです。

 

本当にこれは忘れられがちなので覚えておくようにしましょう!

 

3.不規則変化の複数形と変化なしの複数形

複数形の中には”s”とは全く関係のない複数形も存在します。

また、変化しないで複数形を表すものもあります。

 

それらを紹介していこうと思います。

 

child⇒children(子供)

man⇒men(男性)

woman⇒women(女性)

 

fish⇒fish(魚)

deer⇒deer(鹿)

sheep⇒sheep(羊)

 

これらは完全暗記の部分ですので、根気強くやりましょう!

 

また、常に複数形扱いする“people”(人々)なんていうのもありますよ!

 

4.複数形につく単語って?

4-1. 名詞の前に数字を置こう

名詞を複数形にするためには名詞の前に『』を置かなきゃいけませんよね?

 

その数を表せるようにならないといけませんね!

1.one

2.two

3.three

4.four

5.five

6.six

7.seven

8.eight

9.nine

10.ten

まずこの10までを確実に書けるようにしましょう!

 

特に苦手とされるのは

three“と”eight“です。

 

その他の数字は表で確認してください。

 

4-2. 形容詞を名詞の前に置こう

対象となる名詞がたくさんある場合は

many/a lot of を使うようにしましょう!

 

例としては

many tomatoes(たくさんのトマト)

a lot of apples(たくさんのリンゴ)

のように使いましょう。

 

4-3. いくつかあるときは”some”や”any”を使おう!

何個か分からないが「いくつか」というときは

“some”や”any”を使いましょう!

 

使い分けは簡単で

肯定文⇒”some

否定文/疑問文⇒”any

となります。

 

例文で確認しましょう!

Do you have any CDs?
(いくつかCDを持っていますか)
I have some CDs.
(いくつか持っています)
I don’t have any CDs.
(一枚も持っていません)

 

anyは否定文だと何もないという訳になります。

 

5.最後に

いかがだったでしょうか?

 

今日発信したことはすべて名詞の基本になります。

 

しっかりと覚えていきましょう!

 

それでは今日はこの辺で。

-ゼロから始める英語の世界

執筆者:


  1. […] 名詞の複数形については【ゼロから始める英語の世界】第7講 名詞の複数形(1)で扱っています! […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゼロから始める英語の世界】第8講 名詞の複数形(2)

おはようございます、Tatsuyaです。   今日は 🔥ゼロから始める英語の世界🔥 第8講 名詞の複数形(2) をやっていきます。   今日のメイン …

【ゼロから始める英語の世界】第5講 一般動詞の文(1)

おはようございます、Tatsuyaです!   今日は 🔥ゼロから始める英語の世界🔥 第5講「一般動詞の文」 になります。   今日の記事を読むと 1 …

【ゼロから始める英語の世界】第2講 I am~. You are~.

おはようございます、Tatsuyaです!   今日の記事は【ゼロから始める英語の世界】の第2講となります!   本当にゼロからなので今日はI am/You are~.の文をやってい …

【ゼロから始める英語の世界】第10講 人称代名詞(目的格)

こんにちは、Tatsuyaです。   今日は 🔥ゼロから始める英語の世界🔥 第10講 人称代名詞(目的格) についてやっていきたいと思います。   …

【ゼロから始める英語の世界】第11講 形容詞のはたらき

こんにちは、Tatsuyaです。   今日は 🔥ゼロから始める英語の世界🔥 第11講 『形容詞の働き』 をやっていきたいと思います。   形容詞は英 …


大学四年で塾講師をしているTatsuyaです。中学受験、高校受験、大学受験と幅広い指導をしております。専科は、英語・国語です。

TOEIC850点(L満点2回)/TOEFL ITP満点/iBT89点

全国の学習者を救う発信を日々心掛けています。英語学習のみならず様々な勉強について毎日発信していきます。

Twitterには常にいますのでフォローお待ちしています!