コロケーション

知らないと分からない!?ニュース・新聞でよく目にする英語のコロケーション

投稿日:

こんにちは、Tatsuyaです。

 

今日は

🔥ニュース・新聞で目にするコロケーション🔥

について発信していきたいと思います。

 

どれもよく見かけるものですが、

意味を推測できるものとできないものがありますので注意してください。

 

それでは、やっていきましょう!

 

1. NEWSで使わるコロケーション!

1-1.a (news) story breaks ⇒報道する

『報道される』と訳したほうがいいですかね。

 

ニュースを報道する

ニュースが報道される

 

どっちでもいい気がします(笑)

 

注意が必要なのが

“news”という単語が入らない場合です。

 

“a story breaks”

で『報道する』になります。

 

例文を確認してみましょう!

The actor was out of the country when the story about his mistress broke.

日本語訳は

『愛人についての報道がされた時その俳優は国外にいた』

 

愛人の”mistress”もよく聞く表現ですので覚えておきましょう!

 

1-2.news comes in ⇒ニュースが入ってくる

ニュースとは生放送番組ですから突然に入ってくることがありますよね。

 

緊急ニュースが入ってきた場合などで使われると

emergency“(緊急の)

が付くことがあります。

 

それでは例文で確認していきましょう!

 

News has just come in of an earthquake.

日本語訳は

『地震のニュースが入ってきました。』

 

“come in”で「入ってくる」という自動詞なので

前置詞+前置詞

という形になっています。

 

1-3.news leaks out ⇒漏洩する

“leak”という単語は日本語でも「リーク」って使われますし、知っている人も多いと思います。

 

“out”も『外へ』というニュアンスを持つ前置詞ですので難しいことはないと思います。

 

それでは、例文で確認していきましょう!

 

Although the two stars tried to keep their relationships secret, news of it soon leaked out.

日本語訳は

『二人のスターは二人の関係を秘密のままにしようとしたが、すぐに漏洩した』

 

コロケーションとは関係ないですが、例文にある

“keep their relationships secret”

「関係を秘密のままにする」

も使える表現ですので覚えておきましょう。

 

“Keep O C”で「OをCのままにする」

中学校でも習う重要な表現です。

 

1-4.The latest news ⇒最新のニュース

これは入試なんかでもよく見かける表現ですので知っている人が多いですね。

 

注意が必要なのが、

“latest”を”last”としないことです。

 

「最も遅れている」⇒「最新の」

となったわけです。

 

先ほどの”news comes in”とセットで例文を確認しましょう。

 

The latest news has just come in of an earthquake.

日本語訳は

『最新の地震のニュースが入ってきました』

 

2. 新聞に関するコロケーション

2-1.hit the headline ⇒大見出しになる

“headline”も今や日本語でもニュースでよく使わる用語ですよね。

 

英語でもそうで大見出し、トップ記事ですね。

それになるということです。

 

名探偵コナンの園子の叔父様である次郎吉さんは

この”headline”に載りたくて載りたくてウズウズしているわけですね。

 

それでは例文で確認していきましょう。

 

The scandal is expected to hit the headlines tomorrow.

日本語訳は

『その不祥事は明日の大見出しになると予想される』

 

“scandal”もニュースでは大事ですね!

『不祥事』となります。

 

同じような表現として

make headlines

もあります。

 

例文で確認していきましょう。

A dramatic story like that will make headlines world-wide.

日本語訳は

『あのような劇的な物語は世界中で大きく報道されるだろう』

 

“make headlines”は新聞記事とは限りません。

ですので報道されると訳すことが多いです。

 

2-2.front-page headline⇒トップ記事

先ほどと同じような表現ですがトップ記事とは新聞の一番上の記事になります。

 

大見出しですと、一番上とは限りませんよね。

 

“front”は「前の」

“page”は「ページ」

ですので全然難しくないですね。

 

それでは例文で確認していきましょう。

 

The scandal was the front-page headline in all the newspapers.

日本語訳は

『その不祥事はすべての新聞の一面トップの見出しになった』

 

2-3.run a story ⇒記事を掲載する

“publish a story”

でも同じ意味です。

 

ですが、”run”に「~を掲載する」という意味があるなんて知りませんよね(笑)

よく使われる他動詞としての”run”は

「~を営む」です。

 

今回はそれに加えて

「~を掲載する」

を覚えてください。

 

それでは例文で確認していきましょう。

 

The Daily Times recently ran a story about an affair between a famous rock star and a politician.

日本語訳は

『デイリータイムズは最近有名ロックスターと政次官の浮気の記事を掲載した』

 

“affair between A and B”

で「AとBの浮気」になります。

 

これも一緒に覚えましょう!

 

2-4.flick through ⇒ざっと目を通す

フリックはスマートフォンを使っている人には馴染みのある単語ですよね。

 

“flick”は「軽く打つ、跳ね飛ばす」という意味です。

英検でも1級以上レベルの超難単語です。

 

こちらの自動詞として使われてる

“flick through”

は「ざっと目を通す」

という意味です。

 

もっと簡単なイディオムですと

look over“なんていうのもあります。

 

それでは例文で確認していきましょう。

 

He flicked through the newspaper as he didn’t have time to read it properly.

日本語訳は

『彼は新聞をきちんと読む時間がないのでざっと目を通した』

 

3.最後に

今回は、新聞とニュースについてのコロケーションに触れましたが、よく使われる内容についての単語等はあまりお伝え出来ませんでした。

 

事件でよく使われるコロケーションや単語、自然災害で使われれる単語など、

ニュースや新聞で使われる単語やイディオムはほんとうに難しいです。

 

1つ1つ記事にしていきますので、お楽しみに。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

-コロケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Let’s learn English Collocations! 英語のコロケーションって何!?

こんにちは、Tatsuyaです。   今日は 🔥英語のコロケーション🔥 について話していこうと思います。   そもそもコロケーションって知っています …

Let’s learn English Collocations!

おはようございます、Tatsuyaです。 今日は昨日のコロケーションの記事を英語で書いていきたいと思います。   難しいよ!って人は昨日の記事を読んでもらって、もっと英語について深く知りたい …


大学四年で塾講師をしているTatsuyaです。中学受験、高校受験、大学受験と幅広い指導をしております。専科は、英語・国語です。

TOEIC850点(L満点2回)/TOEFL ITP満点/iBT89点

全国の学習者を救う発信を日々心掛けています。英語学習のみならず様々な勉強について毎日発信していきます。

Twitterには常にいますのでフォローお待ちしています!