中学生のための英語 英語学習 高校生のための英語

助動詞の過去形は丁寧度アップ?過去形はこれを疑え!

投稿日:2019年8月15日 更新日:

こんばんは、Tatsuyaです。

 

最近は助動詞特集で”will”と”could”の説明をしましたので、過去形の”would“と”could“の説明を今日はしたいと思います。

 

みなさんは、”would”と”could”以外の助動詞の過去形を知ってますか?

 

助動詞の過去形はただ単純に過去を表すだけではありません。

 

今日の記事を読んで、助動詞のことをより深く学んでいただけたらと思います。

今日の記事を読むと

1.助動詞の過去形のパターンが分かる
2.助動詞の活用の幅が広がる
3.学校では習わない助動詞の使い方が分かる

 

それではさっそく見ていきましょう!

1.助動詞の過去形は仮定法

これは、仮定法の単元でも言いましたが、助動詞の過去形で一番多く使われるのは仮定法です。

 

仮定法についての記事はよくわからない人向け仮定法の基礎基本を説明!こちらからどうぞ。

 

助動詞の過去形が出てきたらまずは、仮定法ではないか疑ってください。
※中学生段階では、9割型ただの過去形ですので、中学生の教材では一概にそうとは言えません。

 

2.助動詞の過去形は婉曲表現

助動詞の過去形は婉曲表現を表すこともあります。

婉曲法とは一般に、否定的な含意を持つ語句を直接用いず、他の語句で置き換える語法である。具体的には聞き手が感じる不快感や困惑を少なくする目的で、あるいは話し手がそのような不都合やタブーへの抵触を避ける目的で用いられる。 また語句自体が必ずしも不快でなくても、不快な概念を連想させるのを避けるのに用いられる。(ウィキ調べ)

たとえば、推量系助動詞のときに少し可能性が低い時に使ったり、日本語ではよく、遠回しに言うみたいな表現のときに使われる表現になります。

 

例としては、”can”よりも”could”のほうが可能性が低く、「(ひょっとしたら)~することがありえる」という様に訳にいれなくともニュアンスを持っているということになります。

It couldn’t be true. (それは本当のはずがない)

あくまでニュアンスなので訳に必ずしも程度が低いということを匂わせる必要はありません。

 

3.単純に過去

これが一番簡単ですね。ただ単に助動詞の過去として訳をつけるだけになります。

ですので「~できた」などのようになりますが、注意が2点あります。

1つ目は、”will”は未来をあらわすため過去の訳に入れるのが難しい
2つ目は、”could”は少し仮定法を含んでいる

ということです。

3-1 ”would”は無理に訳に反映させない

時制の一致等で訳すのが難しい場合があります。

 

たとえば、こちらの例文

I didn’t want to go to the nurse because if I was really sick, she would send me home.

訳としては、「私がもし本当に病気だったら彼女は私を家に送るので、私は看護師のもとへ行きたくなかった」

「つもりだった」という風にもできなくはないですが、主語によっては真偽が不確かな場合もあるため無理に訳さないこともあります。

 

3-2 助動詞”could”は仮定法を少し含む

やろうと思えばできた」というような仮定法のニュアンスを含みます。

 

He could run fast when he was young. (彼は若い時早く走ることができた)

中学校では、could=was/were able to と習いますが、厳密には違います。

 

“was/were able to”は「実際にやってみたらできた」というニュアンスになります。

 

 

ですが、”be able to”は仮定法の「やろうと思えばできた」のニュアンスも持っています。

 

 

ですので英作文等では、”be able to“を使うのが無難です。

 

 

“could”のほうには、「実際にやったらできた」のニュアンスはありませんので注意してください。

 

4.過去の習慣を表す”would”

“used to”と似ている働きをする”would”の使い方ですね。

 

wouldの後には頻度の副詞(often,sometimes)などが入ります。

I would often go to the movies.
(私はよく映画を見に行ったものだ)

 

“would”は主観的に過去の習慣しか表すことができません。

 

“used to”は客観的に過去の習慣・状態、現在と過去の対比ができます。

 

こんなところにも”will”のイメージが反映されているんですね。

I used to live in Tokyo. (私は以前、東京に住んでいた)
×→ I would live in Tokyo.
I used to visit grandfather weekend. (週末祖父を訪ねたものだった)
現在との対比のニュアンスを持つため今は行っていない

 

5.助動詞の過去形は丁寧度アップ

疑問文の際に助動詞の過去形を使うと丁寧度が上がります。

 

これは中学生でも習う部分です。

 

つまり、”Can you”より”Could you”、”Will you”より”Would you”ということになります。

Could you tell me the way to the station?
(駅までの道を教えてくださいませんか)

 

6.最後に

今日は、5つご紹介しましたが、特に重要なのはやはり助動詞の過去形=仮定法です!

 

つまりは、助動詞の単元の記事であるものの仮定法が一番重要ということになるんですがそれぐらい大切です。

 

しっかりと根底を理解して、助動詞を使いこなせるようにしましょう!

それでは今日はこの辺で。

-中学生のための英語, 英語学習, 高校生のための英語

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英語の面白雑学!今すぐ誰かに話したくなる英語雑学10選!

おはようございます、Tatsuyaです!   今日は英語って実は超おもしろいんだよ!というのを皆さんに知っていただけるような記事を発信していきます!   題して ✨誰 …

“will”と”be going to”の違いは中学校でやらない?英語の本質に迫ろう!

  こんばんは、Tatsuyaです!   今日の記事は、僕が実際に大学で発表を行った、 従来の英文法では意味は同じと習ってきた(教えている)部分は厳密にはかなり違っているという英語 をお伝え …

“but”と”altough(though)”の違い!英作文で重宝!

おはようございます、Tatsuyaです! 今日は高校生や大学生でも間違えて使っていることが多い、 逆接の接続詞”but”と”although(though)&#82 …

TOEIC850点の僕が英語の勉強を始めた理由とは?

こんにちは、Tatsuyaです。 今日の記事は 🔥僕が英語学習を始めた理由🔥 について発信していこうと思います。   僕は留学経験もないですし、英会話スクール …

高校英語の受け身!進行形・完了形の受け身を解説

おはようございます、Tatsuyaです! きょうは昨日に引き続き、受け身の解説をしていきたいと思います。中学英語の受け身に関しては中学英語の受動態と能動態!話題の中心を変える受動態の基本こちらの記事を …


大学四年で塾講師をしているTatsuyaです。中学受験、高校受験、大学受験と幅広い指導をしております。専科は、英語・国語です。

TOEIC850点(L満点2回)/TOEFL ITP満点/iBT89点

全国の学習者を救う発信を日々心掛けています。英語学習のみならず様々な勉強について毎日発信していきます。

Twitterには常にいますのでフォローお待ちしています!