中学生のための英語 大学生・社会人のための英語 英語学習 高校生のための英語

助動詞”can”の概念と4つの用法を徹底解説!

投稿日:


おはようございます、Tatsuyaです!

今日も助動詞についてやっていきます!昨日は”will”についての記事でしたので今日は”can”についての記事を書こうかと思います。

“can”も”will”と同じくらい重要で奥が深い助動詞になっています。

これを読むと、

1、”can”の概念が分かる
2.丸暗記不要の知識が身につく

それではさっそく見ていきましょう!

1.助動詞”can”の概念

“can”の根底にあるイメージは、「いつでも起こりうる<」です。

この根底1つで、今まで習ってきた”can”の理解がより深まるはずです。

それでは、ひとつひとつ細かく見ていきましょう。

 

2.助動詞”can”可能の用法

オーソドックスなcanの意味「できる」の用法です。

中学校でまず先に習う”can”はこれですね。

Ex. I can run very fast. (私はとても速く走れる

できるということは、「いつでもできる」というイメージになります。

 

3.助動詞”can”許可の用法

“may”と同じ意味で使われる「~してもよい

May I ~? と Can I ~?の違いは、”May”のほうが丁寧で文語的です。
“Can I”は友達などに使うことが多いです。

Ex. Can I open the window? (窓開けていい?)

⇒少し友達に話すような砕けた感じで訳すとgood!

 

4.助動詞”can”依頼の用法

これも可能と同じくオーソドックスなcanの使い方です。

書き換えでWill you~? も重要!

Ex. Can you open the window? (窓を開けてくれないか)

助動詞は過去形にすると丁寧度があがりますので、
“Can you ~”よりも”Could you ~”のほうが丁寧です。

 

5.助動詞”can”可能性の用法

なんでもかんでも「~できる」と訳さないことです。

可能性というニュアンスを踏まえて「ありえる」と訳しましょう。

疑問:「あり得るだろうか」

否定:「ありえない→~のはずがない

 

よく出る例文です。

Ex. Accident can happen. (事故は起こりうる)

Ex. Can It be true? (それは本当だろうか)

Ex. She cannot be over fifty years old. (彼女が50歳以上のはずがない)

6.最後に

ここ2日軽い内容ですが、非常に濃いものとなっています。しっかりと理解して、助動詞一つひとつをより深く理解していきましょう。

今日は僕は軽井沢で避暑中です(笑)
それでは、今日はこの辺で。

-中学生のための英語, 大学生・社会人のための英語, 英語学習, 高校生のための英語

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オールイングリッシュ授業の不安解消!大学生が授業中よく使う英語12選!

   おはようございます。Tatsuyaです!今日は、月曜日ですので「大学生・社会人のための英語」で記事を発信していきたいと思います。 先週は、何を発信したかと言いますと、 これでAll Englis …

『ネックになる』って英語で何て言うの?!

こんにちは、Tatsuyaです。   今日は 『ネックになる』を英語で何て言うか について発信していきます。   最近、ネックっていう表現をよく使うようになったのでこれについて書き …

【第4回】洋楽で英文法学習!Ed Sheeran~Perfect~

おはようございます、Tatsuyaです!   今日は、昨日に引き続き🔥洋楽で英文学習🔥 ということで、Ed Sheeranの”Perfect&#8 …

プレゼンは準備が命!準備して準備して準備せよ!

こんにちは、Tatsuyaです!   今日は 🔥英語のプレゼン🔥 について話していきます。   英語のプレゼンに限らず、プレゼンというものは準備が命 …

FPSで英会話?!ゲームをやりながら英語力をあげよう!

こんにちは、Tatsuyaです!   今日は過去記事のリライト記事! 🔥FPSで英語学習🔥 について話していこうと思います。   僕はこう見えてFP …


大学四年で塾講師をしているTatsuyaです。中学受験、高校受験、大学受験と幅広い指導をしております。専科は、英語・国語です。

TOEIC850点(L満点2回)/TOEFL ITP満点/iBT89点

全国の学習者を救う発信を日々心掛けています。英語学習のみならず様々な勉強について毎日発信していきます。

Twitterには常にいますのでフォローお待ちしています!