高校受験

国語で点が取れる東京都立作文の書き方!ポイントはミスなく部分点狙い!?

投稿日:


こんにちは、Tatsuyaです!

今日の記事は、

🔥東京都立入試作文対策🔥

です!

 

作文を苦手としている人、安心してください!

みんな苦手です。

 

僕は毎週60人以上の作文を添削していますが、みんなひっちゃかめっちゃか( ;∀;)

去年一番ひどかったのが、

問題:課題文を読んで、それに対するあなたの考えを体験談を交えて200字以内で書きなさい。

解答:僕は課題文を読んでなにも思わなかった。理由は、・・・・・

開いた口がふさがらねぇ( ;∀;)

 

いやぁさすがでしたね。

その子らしい解答でした(笑)

 

東京都立入試の作文は、ここ最近決まった問題形式で出題されていますのでしっかり対策すれば満点取ることも可能です。

 

今日の記事で作文の所作は教えませんので、注意してください。

 

あくまでどういう形式で書けばいいのか、点が取れる作文の型をお伝えします。

 

今日の記事を読むと、

0.都立過去問の構成が分かる
1.作文で点が取れる構成が分かる
2.模範解答のような作文が自分で作れる
3.国語の点が飛躍的に上がる

 

それではやっていきましょう!

 

 

1.過去問から国語の問題構成を知ろう

まずは、過去問を見たことありますかね?(笑)

 

先日僕のゼミ生60人に聞いたところ5人ぐらいしか見たことないという状況( ;∀;)

 

過去問を始める時期や始め方についても今後話していきます。

 

まずは問題形式を知りましょう。

問1 漢字の読み
問2 漢字の書き
問3 文学的文章
問4 論理的文章
問5 現古融合問題
となっています。
次に配点と目安時間について説明していきます。

1-1.都立国語の配点と解答目安時間

特に受験生のみなさんが気にかけなければいけないのが

配点目安時間

です。

 

これを読むと漢字がいかに重要かわかると思います。

 

大問1 漢字の読み(5問×2点=10点)

大問2 漢字の書き(5問×2点=10点)

どうですか!

漢字だけで20点ですよ!20点

 

馬鹿にできないですよね(笑)

 

絶対に満点取りたいところですが、読み問題はたまぁに難しいが出ます。

 

たとえば

「漸進」(ぜんしん

「弔意」(ちょうい

「煩う」(わずらう

などなど間違えても自分を許してあげる部分も必要です。

 

ですが目指すは満点!

 

意味が気になった人は自分で調べましょう!

 

目安時間は、漢字には時間かけてはいけません!

できることなら合わせて2分で解くのがベストです!

ここで稼いだ時間は「論理的文章」で使います!

 

大問3 文学的文章(5問程度 25点)

文学的文章は、すらすら読める分少し長めの文章です。

 

そのうえスラスラ読めてしまうということは感情移入しやすくなってしまいます。

それは非常に危険です!

 

なぜかというと自分の感情に任せて問題を解いてしまうからです。

しっかりと作中の人物の気持ちを考える必要があります。

 

自分の気持ちは押し殺してください。

しっかりと客観的な根拠を文章中から見つけ出して解いていきましょう。

 

詳しい解法についてもそのうち記事にします。

 

目安時間は12分です。

 

大問4 論理的文章(5問程度 30点)

論理的文章は苦手としている人が多い単元です。

またこの大問4の中の最終問題で、200字作文が出てきます。

 

まずは、しっかりと文章を読み込むこと!

 

速読しろ!とかいう人がいますが、速読よりも

速解く

 

じっくり読んで、素早く解く!!

 

これで時間を稼ぎましょう!

 

目安時間に関しては、23分です。

 

やはり、論理的文章なので時間がかかるのは当然です。

また、200字作文もあるためここにこそ時間をかけるべきです。

 

ですので小説よりも長くなっています。

 

大問5 現古融合問題(5問程度 25点)

都立入試の古文は特殊で、現代文と古文が融合されています。

 

古文を読んで、解説文を読んで解く

 

この形が使われているんですね。

 

ですので古文読解の上での知識などはあまり重要視されません。

 

ですが、出ないわけではないですし、私立高校も受験するはずですので絶対やらなければいけません。

 

多少古文単語を知らなくても乗り越えることは可能というのはプラスに働くはずです。

 

目安解答時間は12分です。

 

2.都立作文で点を取るには!!

国語大問4の最終問題の200字記述の作文で点を取るには具体的にどうすればいいのかお伝えしていきます。

 

やっと本題ですね(笑)

 

最初にも述べましたが今日は作文の所作は省略させていただきます。

2-1.2段落構成で書くべし。

過去問やテキストの模範解答を見ると多くが2段落構成です。

ですので、2段落構成で書くことをお勧めします。

 

また、絶対に2段落でないとダメか、と言われるとそうでもありません。

作文の型は基本的に3種類あります。

 

◎統括型⇒頭に結論

◎尾括型⇒ケツに結論(笑)

◎双括型⇒頭とケツに結論

 

基本的に3パターンあります。

 

ですが都立の作文形式を考えると、尾括型が最も合う気がします。

 

その理由は、都立作文の出題形式を説明した後にします。

段落の中身は後ほど説明します。

2-2.都立作文の出題形式を考えるべし

近年の出題形式は、条件型作文です。

 

200字以内で自分の体験を踏まえて書く

 

おそらく2020年入試もこの傾向で行くと思われます。

 

特に気を付けなければならないのが、

課題文(大問4)を読んで発表することになりました。

的なことが書いてあります。

 

つまり、

課題文の内容をしっかりと理解していないといけない

ということです。

 

つまり、

自分の体験と課題文を読んでの自分の意見を結び付けて200字で書く

この力が求められています。

 

2-3.都立作文の「型」に当てはめるべし

では、「2段落構成」と「書くべきこと」が分かったところですので、後は「型」に当てはめましょう。

 

第1段落 自分の体験を書くべし

自分の体験を書きましょう!

 

体験ですので未来のことを書くのは不可能です。

 

ですので、

出だしは過去形で始めましょう

 

「私は今日母のお弁当を食べ。」

「先日私は人助けをし。」

「僕は小学生の時トマトが嫌いだっ。」

 

ですので必ず「~た。

で始めるようにしましょう!

 

第2段落 自分の意見を書くべし

次の段落で自分の意見を書けばおしまいです。

 

注意しなければいけないのが

定義づけ

をしてあげるということです。

 

冒頭で

「~とは、・・・である。」という形で定義づけをしましょう。

⇒これが本文に則してますよということを表します。

 

たとえば

「命とは、尊いものである。」

「人助けとは、気持ちがいいものである。」

「トイレとは、身近なものである。」

とかですね。

 

それをもとに、最終文では、

~たい

という自分の願望を伝えるようにしましょう。

 

たとえば、

「命とは尊いものである。そのため一度きりの人生を悔いのないように思う存分楽しみたい。」

「人助けとは人間の義務である。困っているときに誰かに助けてもらえるように、自分も他人の力になりたい。」

「トイレとは身近なものである。(ごめんなさい思いつきませんでした。)」

などです。

2-4.比率は3:7で書く!

この第1段落と第2段落の型に当てはめるだけで作文は問題ありません。

 

あとは、原稿用紙の所作をしっかりと覚え、

ミスなく最後まで書ききること

 

それで点は取れます。

 

ただ、比率を間違えてはいけません。

採点者は別にあなたの体験を聞きたいわけではありません。

 

この文章を読んでどう思ったのか聞きたいのです。

 

ですので、体験と意見の比率は

3:7

です。

 

なのであなたの美談とかはいりません。

美談を書くより、ミスなくしっかり書ききること(笑)

書くことなかったら創作で十分です。

 

ただ、現実味のある創作にしてくださいね。

「僕は先日ドラえもんに会いました。」

「僕の家の虎が熱を出した。」

とかあまりにも・・・っていうのはいらないです(笑)

 

3.最後に

過去問や問題集から模範解答を画像で載せたかったのですが、著作権にひっかかるので勘弁してください(笑)

 

まずは、自分の問題集の作文の部分の模範解答でしっかり型を見てみてください。

 

きっとこの型で書いてあるはずです。

 

それでは、今日はこの辺で。

-高校受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中3最後の夏!しなければいけない勉強とは?

こんにちは、Tatsuyaです。今日は、夏休みに入ったけど何から手を付けて勉強すればいいかわからない中3生のための記事を発信していきます。僕自身も期末試験中で忙しいのですが、僕以上に生徒たちも頑張って …

演習時間は本番より短めに!?ベストな演習時間とは?

こんにちは、Tatsuyaです。   今日は 🔥演習時間について🔥 の記事を発信していきます。   普段何気なく演習している問題もしっかりと時間配分 …

大学受験は期末が終わってからが勝負!諦めるのはまだ早い!

こんにちは、Tatsuyaです。   今日は 🔥大学受験は期末が終わってからが勝負🔥 という内容を発信していこうと思います。   高校生は11月終わ …

大人にこそ読んでほしい!素直さが学習で一番大事!?

こんにちは、Tatsuyaです! 夏休みも終わり学校が始まる、あるいはすでに始まっているという人も多いかもしれません。 受験勉強も夏休みを乗り越え、やりきった人やりきれなかった人様々だと思います。 & …

勉強の復習やりたくない人必見!! 復習こそが真の勉強!

こんにちは、Tatsuyaです。   今日は、「復習こそが真の勉強である」ということをお伝えしていきたいと思います。   以前にリスニング上達の記事で「演習は勉強ではない」とお伝え …


大学四年で塾講師をしているTatsuyaです。中学受験、高校受験、大学受験と幅広い指導をしております。専科は、英語・国語です。

TOEIC850点(L満点2回)/TOEFL ITP満点/iBT89点

全国の学習者を救う発信を日々心掛けています。英語学習のみならず様々な勉強について毎日発信していきます。

Twitterには常にいますのでフォローお待ちしています!